2020/04/17fri.
【第76回】2050年を見据えた国土の長期展望~豊かで持続可能な国土の形成に向けて
講師:
国土交通省 坂根 工博 氏
 
第76回不動産金融塾は、国土交通省 国土政策局長 坂根工博(さかね・のりひろ)氏をお招きして「2050年を見据えた国土の長期展望~豊かで持続可能な国土の形成に向けて」というテーマでお話いただきます。

坂根工博氏は、国土交通省住宅政策課長、厚生労働省雇用開発部長、国土交通省大臣官房審議官(総合政策局担当)など要職を経て2019年より国土交通省国土政策局長を務め国土利用の要としてご活躍されています。

今回は2050年を見据えた国土の長期ビジョンに基づき、国が国土をどう捉え、どう導こうしているのか最前線の論点を披露・解説していただきます。

そもそも国土とはという原点を再認識し、今後の不動産マーケットを読み解くためのエッセンス・ヒントをお持ち帰りいただければと思います。

なお、昨年の皇位継承「正殿の儀」の儀式において天皇陛下のお側で非常に重要な役回りを果たされた貴重なご経験についても言及いただける予定です(儀式の重要な場面でテレビ中継にはっきりと坂根氏のご様子が映っていました)。

■セミナー概略
〇これまでの国土政策
〇国土の長期展望
・ 人口減少・少子高齢化
・ 世界の中の日本
・ 地球環境問題
・ 自然災害リスクの増大
・ 新技術の進展・ライフスタイルの多様化
・ 国土構造・国土のあり方


■講師メッセージ
現在、我が国では、人口減少・少子高齢化の進行、AI・IoT等の新技術の進展など、社会経済や国土を取り巻く大きな変化が見られます。また、気候変動による自然災害の激甚化・頻発化は、我が国にとって大きな脅威となっており、今後の国土のあり方にも大きな影響を与えると考えられます。

このような国土を取り巻く状況変化を分析し、できる限り正確な情報を広く世の中に提供するとともに、概ね2050までの中長期の視点に立って、国土づくりの方向性を見据えていくため、国土交通省では「国土の長期展望」の議論を行っているところです。

2050年までの「国土の長期展望」を描くという課題は、決して簡単なものではありませんが、我が国の国土を持続可能な形で維持するとともに、将来世代が活躍できる舞台としてどのような明るい未来像を描いていけるのか、その検討状況をご紹介し、皆さまとの間で率直な意見交換を行いたいと思います。

坂根 工博 氏
サカネノリヒロ
国土交通省
国土政策局長
1986年建設省入省。建設省及び国土交通省で都市・住宅・土地政策、建設産業政策、環境政策などに携わる。この間、一橋大学大学院国際企業戦略研究科非常勤講師、ケンブリッジ大学客員研究員を務める。2013年国土交通省住宅政策課長、2016年厚生労働省雇用開発部長、2018年国土交通省大臣官房審議官(総合政策局担当)などを経て2019年国土交通省国土政策局長。また、キャリアコンサルタントとして、自律的なキャリア形成を目指す若者を支援する活動を行っている。

開催日時:
2020年4月17日(金)19:00-21:30(受付開始18:45、講演60分 + 質疑応答10分、講演後懇親会)
開催場所:
赤坂インターシティコンファレンス 302号室
東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F
銀座線・南北線「溜池山王駅」直結
定  員:
60名程度
参 加 費:
8,800円(本体8,000円 + 消費税等800円)(懇親会の費用を含む)
後  援: 一般社団法人不動産ビジネス専門家協会

注1) 参加費は事前に指定口座にお振込みをお願いします。
注2) 領収証は当日受付にご用意いたします。
注3) 参加費の繰越がある場合は通信欄でその旨お知らせください。
注4) 当日19時までのキャンセルは参加費を次回以降に繰り越しいたします。
注5) 無断キャンセルの場合は参加費全額を申し受けます。

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。