2018/11/26mon.
【第70回】不動産マーケットの現状と変化の波~好景気の先に潜む罠とクリアするための術
講師:
オラガ総研株式会社 牧野 知弘 氏
 
第70回不動産金融塾は、オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘(まきの・ともひろ)氏をお招きして「不動産マーケットの現状と変化の波~好景気の先に潜む罠とクリアするための術」というテーマでお話いただきます。

牧野知弘氏は、数多くの執筆、テレビ、雑誌などで幅広くご活躍される一線級の経済評論家であるとともに不動産金融塾でもおなじみの顔であり、不動産マーケットの節目節目で貴重なご見識を共有させていただいています。

東京オリンピックが決まった当時、2018年が不動産マーケットの節目の年とまことしやかに言われていましたが、今が本当に節目だと言えるような目立った変化も動きもなくわかりにくい状況が続いています。

長年さまざまな角度から不動産マーケットを鋭い視点で分析されている牧野知弘氏に、2018年の不動産マーケットの変化の兆しを読み取り、2020年を抜かりなく迎え、そして2020年後の不動産マーケットを生き抜くためのヒントをいただきます。

■セミナー概略
1.現在の不動産マーケットの現状を分析し、好調の要因と変化の兆しを読み取ります。
2.とりわけ2020年以降のマーケットで稼ぐために必要なポイントをわかりやすく解説します。
3.単純な需給バランスだけでなく、金融マーケットと結びつき、また社会のライフスタイルの変化にも着目し、今後の変化の波を予測します。

■講師メッセージ
これからの不動産ビジネスは従来の価値観が破壊され、異業種の参入も相次ぐ面白いビジネスになっていくと思われます。ポイントは不動産ビジネスのソフトウェア化です。この領域は、不動産だけで飯を食ってきた人たちにはなかなか馴染みがないものですが、ここにチャンスが眠っています。これまでの業界構造が崩れ、新しい不動産ビジネスの勃興に目を向けお話してまいりたいと思います。

★2018年最後の不動産金融塾となります。忘年会(&クリスマスパーティ)を兼ねたいと思います。今年も恒例の豪華賞品がもれなくあたるビンゴ大会やります。奮ってご参加ください。
牧野 知弘 氏
マキノトモヒロ
オラガ総研株式会社
代表取締役
1983年東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し経営企画、新規開発業務に従事する。 2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT市場に上場。2009年オフィス・牧野設立、2015年オラガ総研設立、代表取締役に就任。著書に「空き家問題」(祥伝社新書)、「2020年マンション大崩壊」(文春新書)、「こんな街に『家』を買ってはいけない」(角川新書)、「マイホーム価値革命」(NHK出版新書)等がある。 テレビ、新聞等メディア多数出演。

開催日時:
2018年11月26日(月)19:00-21:30(講演60分、懇親会90分)
開催場所:
ラ・べファーナ 汐留店
東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 キャニオンテラス2F
JR 新橋駅 徒歩5分、 ゆりかもめ 汐留駅 徒歩2分、都営大江戸線 汐留駅 徒歩2分
定  員:
60名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含みます。イタリアンビュッフェ&フリードリンク)
後  援: 一般社団法人不動産ビジネス専門家協会

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。