2018/03/08thu.
【第66回】グローバル市場と比較した国内不動産投資市場の見通し~不動産を科学しよう(第二弾)~
講師:
ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社  小夫 孝一郎 氏
 
第66回不動産金融塾はドイチェ・アセット・マネジメント株式会社 不動産投資運用部 ディレクター 兼 ドイチェ・アセット・マネジメント オルタナティブ部門アジア太平洋リサーチ&ストラテジー・ヘッド 小夫 孝一郎(おぶ・こういちろう) 氏をお招きして「グローバル市場と比較した国内不動産投資市場の見通し~不動産を科学しよう(第二弾)」というテーマでお話いただきます。

小夫 孝一郎氏は、グローバルな視点とするどい分析力に定評があります。

不動産金融塾では三回目のご登壇となりますが、前回(2015/05/18)の第52回不動産金融塾での講演「国内不動産投資市場と沸騰するアジア・マネー ~不動産を科学しよう」の第二弾としてアップデートされた情報・状況を基に分析された持論をご披露いただきます。

何が起きてもおかしくない不透明な状況の2018年年初に必見のセミナーです。

■セミナー概略
1.住宅市場:都心のマンション賃料がオフィス賃料を超える日?
2.不動産投資市場:グローバル市場との比較、金利/REIT/Capレートの動き
3.不動産賃貸市場:オフィス市況の見通し
4.不動産投資リターン:不動産投資のメリットを科学的に示せるか?
5.質疑応答・ディスカッション

■講師メッセージ
国内の賃貸市場は需給が引き締まりファンダメンタルズは良好といえます。一方、昨年はJ-REIT市場が弱含み、また実物不動産でも高値警戒感から売買取引は頭打ち状態にあります。一見先が見通しにくい局面に思えますが、実は似たような変調の兆しは世界各地でも見られます。本講演では「不動産科学」を提唱する講師がデータに基づいて不動産を分析し、アジアやグローバル市場、あるいは金融市場との比較も交えながら不動産市場の行方について説明します。

小夫 孝一郎 氏
おぶ・こういちろう
ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社 
不動産投資運用部 ディレクター
ドイチェ・アセット・マネジメント オルタナティブ部門アジア太平洋リサーチ&ストラテジー・ヘッド
ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社 不動産投資運用部 ディレクター
ドイチェ・アセット・マネジメント オルタナティブ部門アジア太平洋リサーチ&ストラテジー・ヘッド
東大経済学部卒。95年4月、住友銀行(現三井住友銀行)入行。01年より同行ロンドン駐在にて欧州不動産・テレコムセクターを担当。06年より企業調査部(東京)にて建設・不動産チームのグループ長。07年よりドイツ証券不動産投資銀行部に所属。13年よりアジア太平洋リサーチ&ストラテジー・ヘッド。15年よりドイチェ・アセット・マネジメント株式会社所属。国内・海外の業界セミナー、官庁、証券取引所、大学院などでも講演・講義多数。

開催日時:
2018年3月8日(木)19:00-21:30(講演60分、懇親会90分)
開催場所:
ラ・べファーナ 汐留店
東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 キャニオンテラス2F
JR 新橋駅 徒歩5分、 ゆりかもめ 汐留駅 徒歩2分、都営大江戸線 汐留駅 徒歩2分
定  員:
60名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含みます。イタリアンビュッフェ&フリードリンク)
後  援: 一般社団法人不動産ビジネス専門家協会

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。